FC2ブログ

畑の様子を写真を添えて公開する

・RSS ・LOG IN

siyou110

Author:siyou110
  作る喜びを学び
  美味しく食べる事を覚え
  あげる喜びに浸りつつ
  今年は売る喜びに変化させたい
  それが野菜作りの向上に繋がればと思う

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR
唐箕甦る
2019/01/11 (Fri) 06:06
先人が創った優れものの ”唐箕(とおみ)”
以前同様のものを真似て作って見たが動力は扇風機
風が強すぎると、肝心の実(そば)が飛び散る
弱すぎるとゴミを分別してくれない 結局使い物にならなかった

程よい風が出るのが、この唐箕である
  820211.jpg


  820217.jpg


昔の唐箕はこの太鼓部分は木で張り合わせて作ってあったが、これはブリキで加工してある
  820215.jpg

投入口
  820214.jpg

吹き出し口
        820216.jpg


歯車の付いた送風装置だが、保管中に風で倒れ取っ手の鋳物が無残にも破損
現在修理中・・・苦戦!  ;泣
  820212.jpg


2か所の実が出るシューターは前方にせり出す優れもの
ところが、ペンキの乾かないうちに前後させたら、くっついて動かなくなった
    820213.jpg






昨年の暮れに続き、そば打ちする | HOME | 鳥対策する
昔、私の実家の母が使っていましたので、懐かしく拝見しています。
幼い頃だったので、当時はここまで興味がなかったのですが、大人になって拝見すると、鉄なんて高価きわまりなかった時代に木製でこれほどまでの技術でちうみを作っていた当時の技術者の皆さんの情熱に敬意を表したくなります。
そして、それを真似て作れるsiyou110さんも凄いです!
2019/01/12 15:02 : Reveille URL : 編集
こんばんは
コメントありがとうございます。
先人の知恵を忠実に再現改良の手作りとは凄いですね
現代版の唐箕、恐れ入りました。
楽しみですね(^。^)y-.。o○
2019/01/12 23:00 : まあちゃん URL : 編集
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://kurakakemame1.blog134.fc2.com/tb.php/2853-3cb2d65f