畑の様子を写真を添えて公開する

・RSS ・LOG IN

siyou110

Author:siyou110
  作る喜びを学び
  美味しく食べる事を覚え
  あげる喜びに浸りつつ
  今年は売る喜びに変化させたい
  それが野菜作りの向上に繋がればと思う

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR
こも作りその後
2013/11/25 (Mon) 04:11
先日なめたけの囲い用に、こも作りを教わりに近くの長老宅へ伺う
玄関先には、大変趣の有るものがあちらこちらに飾られている
  3266.jpg


      3267.jpg





今回お願いした方は、御年82歳の新開佐太郎さん
早速自作の箕のを着て見せてくれた ベストもあつらえてある
  3265.jpg




この時期正月用のしめ縄作りで大忙しと言う 注文殺到との事
ホワイトボードには各地区へ出向いての講習会 スケジュールがびっしり埋まっている
  3264.jpg




神社用の大きなしめ縄もある
  3263.jpg




作業場は、まさに昭和にタイムスリップした感じである
このよこづちは100年以上経っているらしい 明治・大正・昭和そして平成と
知らない人の為に→→これで藁を叩いて柔らかくしてから、しめ縄や草履を作る
  3261.jpg




この後、よこづちでは大変な労力がいるので文明の力が開発された
ハンドルを廻し4~5回左右に動かすと藁が柔らかくなる
  3262.jpg




いよいよここからが本題のこも作りに入る
  3268.jpg




餐にぶら下がっている重りが、重要な小道具である
ただ縄が巻いてある様だが、この巻き方が大変難しい
編んでいく内、段々縄が短かくなるのでこの巻いた縄を解いていく必要がある
くぐらすだけでどんどん長くなる 余り長いと下につかえで重しの役に立たない
何度教えてもらっても中々覚わらない 年を痛感!
  3269.jpg




いよいよここからが、こも作りのスタート
藁を5本づつ株をそろえ、交互に編んで行く
  3270.jpg




見本として3回程編んでもらったあと見よう見真似で編んで見た
初めてにしてはまずますと楽屋褒めしきり(手前内味噌)
  3271.jpg




ようやく長手方向と横の部分が完成する
あと1セット作れば用が足りる ここまでの所要時間、約5時間
どうです、この出来映えは 鑑定団の中島さん曰く『いい仕事してますねぇ』
  3272.jpg


又しても、この続きは後ほどまでおあずけ
明日から3~4日他のスケジュールで一杯です












リンゴ狩り | HOME | リンゴ狩りに続き、もみじ狩りに行って来ました
懐かしい道具たちですね。
子供の頃見たことのある物ばかりです。
ほかにも、ペダルを踏んで縄をなうのとか
もう少し大掛かりな蓆を編むのとかもあり
仕事に精出す父の姿と共に懐かしくおもいだします。

siyouさんのこも、グッジョブですね~
しかも5時間とは・・・お疲れの出ませんように
2013/11/25 09:54 : ウルトラぴー URL : 編集
ウルトラぴーさん
訪問ありがとううございます
見たことは大抵の方あるんですが
どうやって編んでいたのかと言うと
殆んどの方がうる覚えです
道具は簡単に作れるので返却前に図面にしておきます
楽しい事やってると5時間なんてあっと言う間です
2013/11/25 21:02 : siyou110 URL : 編集
そうそう!
ペダルを踏んで縄がどんどん出来ていく道具!
冬になると、あれ漕いでたような記憶が。。。
あんなもん、とっくに捨ててしまったんだろうな。。
2013/11/25 23:06 : なおさん URL : 編集
なおさん
おはようございます
なおさんちにも縄ない器あったんですか
時代はかわりましたね
2013/11/26 06:58 : siyou110 URL : 編集
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://kurakakemame1.blog134.fc2.com/tb.php/1418-7ef7c3f4