FC2ブログ

畑の様子を写真を添えて公開する

・RSS ・LOG IN

siyou110

Author:siyou110
  作る喜びを学び
  美味しく食べる事を覚え
  あげる喜びに浸りつつ
  今年は売る喜びに変化させたい
  それが野菜作りの向上に繋がればと思う

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR
こんにゃく作りに挑戦しました
2012/09/24 (Mon) 04:57
こんにゃくの葉が黄色くなり始め、1本は茎が枯れてきた
試しに1個掘り上げてみたら
 なんとでっかい事  直径150mm 高さ130mm 重さ1330g 
   24-9-22-6.jpg
こんにゃくを栽培し始めてから4年目となる(生子より栽培)


今回作り方の途中経過写真はありません
なぜなら必ず手袋を着用して皮むきや、すりおろすよう注意書きがあるのに
やりにくいので素手でやった
処がしばらくすると手全体が、針を刺す様な強烈な痛みに襲われた

テレビで一人農園のぼくちゃんが、すりおろしたのをなめてみたら口中激痛が走り
結局お医者さんに行ったと報じていたくらい強烈だ


てな訳で工程ごとの写真割愛です
びっくりしたのは、量が多くなる事だ こんにゃく1kg当り3.5リッターも水を使う
おかげでそんなにに大きな鍋がなく、途中から2回に分けて作る事となった
全所要時間4時間 →悪戦苦闘の240分間でした


出来上がりをご覧あれ
 1回目・・・・・子えび入り刺身こんにゃく
  自己評価 →小えびが多すぎて固まりにくかった(やや水っぽい)
それとも湯がき方が足りないのか?
        はたまた熟成時間が短いのか?
  24-9-23-6.jpg


 2回目・・・・・すりおろした後、ミキサーに掛け約1時間ほど熟成させた
  自己評価 →歯ごたえがあり、今はやり言葉のもちもち感たっぷり
  こんにゃく成形で丸くしたのは通常薄い容器に入れ長方形にするが
  鍋が小さく入らなかったのでこの形にした
   24-9-23-7.jpg


次回への反省
   1-.一回作るのに600g(こんにゃくいも)ぐらいとする
   2-.作業は必ず手袋を着用する
   3-.工程毎に熟成時間をとる
   4-.広口鍋を購入する→今回の鍋は直径250mm 深さ200mm


蛇足
 通常こんにゃくを固めるのに凝固剤を使用するが、消石灰又は炭酸ソーダを使うらしい
 そこで薬局に行って炭酸ソーダ下さいと言ったら、炭酸ソーダ水(ドリンク)を持ってきた
 このやろう、なめとんか  ・・・予備知識がなかったらこれ買って帰るとこだった
 全国ネットの薬局店3店舗廻るも目的達成できず
 結局昔ながらの薬屋さんに行ったら”こんにゃく作るんですね”と即通じた


蛇足の蛇足
 こんにゃくを作ってみて感じた事
 栽培に4年を擁し、作るのに4時間もかかる 今まで作った野菜で一番手が掛かる
 なのにスーパーで売ってるこんにゃくは安過ぎる
 感覚的にはこの4倍の値段ぐらいの価値がありそうだ