FC2ブログ

畑の様子を写真を添えて公開する

・RSS ・LOG IN

siyou110

Author:siyou110
  作る喜びを学び
  美味しく食べる事を覚え
  あげる喜びに浸りつつ
  今年は売る喜びに変化させたい
  それが野菜作りの向上に繋がればと思う

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR
春に向けて着々と準備
2021/03/22 (Mon) 05:22
ポット蒔きの様子を紹介します
これはかぼちゃ
2015年の種を蒔いたらすべて発芽
北海道産2種類とメキシコ産1種類、あとぼっちゃんかぼちゃ
  821066100_202103212022515a2.jpg



きゅうり、ミニトマト、キャベツ、もろへいや、空心菜、ミニトーガン
  821066102_202103212022517f6.jpg


ゴーヤ、青じそ、それと~?
  821066103_20210321202251bee.jpg



気温は18℃
  821066104.jpg





トマトを植える畝作り
2021/02/08 (Mon) 05:29
トマトはあまり前作で肥料が残っていると、木が暴れる
この場所は前作 長ネギ(冬童)であり かなり肥料が効いている場所である
しかしトマトに適した場所が他にない
  821066036.jpg



そこで、肥料気のない雑草を堆肥化したものを投入する事にした
  821066033.jpg



一輪車に写真の通り 乗せいざ出発
  821066034.jpg



堆肥置き場から 我が第二圃場まで片道約200m(紫の矢印)
 直近だと100mほどだが、そうはいかない
  821066035.jpg



運んだ回数を忘れないように、その都度堆肥のかたまりを並べる
丁度10回 いや前日に5回運んでいるので、トータル15回 延べ約6kmの運動となった
この寒いのに 汗がにじむ
  821066037.jpg



置いたところが、こんなあんばいだ
  821066038.jpg



一昨年鳥羽の方へ牡蛎を食べに行った折、帰りに買ってきた牡蠣殻石灰を おしみなく投入
通常1袋(20kg入り)が¥800が 牡蛎やさんから電話一本牡蛎組合に電話してもらうと¥400也
おそらく美味しいトマトができるのは間違いなしだ 腕が悪くても
  821066039.jpg



そしてしっかりと耕運する
この畝には、簡易ミニハウスを建設する予定
  821066040.jpg





そろそろ、鍋の季節出る
2020/11/06 (Fri) 05:23
めっきり冬らしくなってきた
そこで我が畑の住民は寒さに合わせて、ネギを出荷する事にした
昨年すっかり好評だった ” 冬 童
 ふゆわらべ の特徴は上が九条ネギ、下が下仁田ネギと捨てるところが全くない
今年は2か月早めに段取りしたため、競合相手より先に販売が可能となった
  8210632.jpg



こちらは ” ざる菊
まだちらほら先の為、もう少し花が付かないとお客さんは買ってくれないと思う
  8210633.jpg





フォックスフェース その後
2019/09/30 (Mon) 05:25
昨年は種蒔きが遅すぎて、色付く前に霜で遣られてしまった
今年こそ、と手ぐすね引いて早目に育てた事もあり花芽もいっぱい付いた
  820923.jpg



ところが実が付くと、毎日1個、2個と落ちてしまう
  820918.jpg



拾い集めただけでも10数個落ちていた
  820919.jpg



何とかしがみついている実も、いつ落ちるか解らない
しかも1本の枝に3個も生っているのは数本のみ
  820924.jpg



しからば、奥の手を使って接着剤でくっつけようかな (笑;
  820925.jpg



落ちた実の中で茶色く色の変わったものも見受けられる
 これも有りかな?
  820926.jpg

花屋さんにはこの時期になると、1本の枝に沢山ぶら下がっていて、
良いものだと¥1.000 知くしている
どなたか、何故実が落ちるのかご存じの方教えてください



金太郎うり、空中栽培
2019/07/13 (Sat) 05:13

金太郎うりは路地栽培でするものと思うが、はじめの内はきっちり管理できても
蔓がからまってわからなくなり最後は放任となる
挙句の果てはあっちこっちで腐っている事がしばしば

そこで空中栽培なら目が届くだろうと思い挑戦
  820766.jpg




下の方の雌しべはすべて欠いて、地上20cmぐらいから着果するようにした
  820767.jpg




果たして吊り下げはどうするかは、その時が来てから考えよう
  820768.jpg





| HOME | NEXT