FC2ブログ

畑の様子を写真を添えて公開する

・RSS ・LOG IN

siyou110

Author:siyou110
  作る喜びを学び
  美味しく食べる事を覚え
  あげる喜びに浸りつつ
  今年は売る喜びに変化させたい
  それが野菜作りの向上に繋がればと思う

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR
心配していた事が、現実に
2021/01/15 (Fri) 05:55
この所、寒波襲来で寒さが一段と厳しい
今年はえんどう三兄弟の成長が良く、ちょっと心配していたが・・・・・
案の定、この始末だ 
  82106604.jpg



ひょっとすると再生不可能かも・・・・・  まあしゃないか!
  82106605.jpg



こちらは、実えんどう
同じくネットで囲ってあるが大丈夫みたい
  82106606.jpg



西側に民家があり約1mほど高い為か、防風の役目をしてくれている 立地条件によってこんなにかわるものか?
  82106608.jpg





丹波篠山の黒豆の畝確保
2021/01/07 (Thu) 05:58
以前ユンボで掘ってもらった溝が5年も経つとすっかり埋まってしまった
そこで耕運機で何度も耕したら、一畝追加できた(東側)
  82106561.jpg



こちらは南側
  82106562.jpg



第四圃場全体写真
  82106595.jpg



ご覧の様に新しく1列追加できここに丹波篠山の黒豆を植える事とした
  82106596.jpg



この部分は肥料気も無く、豆には絶好の適地と思われる
近いうちにJAさんに土壌診断をお願いするつもりです
  82106597.jpg





えんどうが大きく生り過ぎました
2021/01/05 (Tue) 06:02
昨年とほぼ同時期に蒔いたえんどう三兄弟
 今年は異常なくらい生長が早い
  82106593.jpg



霜対策としてネットが掛けてあり、すでに数回霜が降りても枯れることなくすくすく育っている
  82106594.jpg




すでに蕾の子供が誕生している




畑で使用する備品関係の整理
2020/12/27 (Sun) 06:12
30年近く畑に携わっていると色々と備品が増える
その中でも整理に困っているのが、ビニールシ-ト、ネット、不織布等と支柱関係だ
今回思い切って重い腰上げる事に・・・・・・

有り合わせの材料で棚を作成
種類ごとに階層を決めて置いて見た
但し、圃場は4か所でそれぞれ畝の長さが違うため、その都度伸ばして確認する必要がある
収納時、長さを表示しておけば解決する話だが、そこまではちょっと??   今後の課題だ
  82106581.jpg



取りあえず置いて見たが、風対応が施してない
木枯らしが吹けば、たちまち元の木阿弥になり兼ねない
散らかり状態を見て、対策を考えよぅと・・・・
  82106582.jpg



次に支柱関係
従来は台風や、突風等で度々倒れたり、時には支えている杭までも倒れたりしていた
今回は今後のメンテも考慮して、極力乱雑な置き方にならないよう、場所を決めて機能別に格納した

これがAFTER   BEFOREは恥ずかしくてお見せ出来ません
  82106583.jpg



たまたま以前から隣のおじさんから、電気工事用のラックを頂いておりこれを利用した
  82106584.jpg



長い目の支柱置きエリア
 ラックが梯子の様に間仕切りられており、更にその中央を番線で区切る(領域侵入を防止)
  82106585.jpg



短か目の支柱置きエリア
  82106586.jpg



トンネル支柱置きエリア
 今までにも色々工夫して置いて見たがすぐ乱雑になった
 今回は両端を地面に設置させ、ストッパーではみ出し防止を図る
  82106587.jpg

この状態が何時まで続くことやら・・・・・・
一年過ぎても持続できたら、自分で自分を誉めてやろう




来春に備えて
2020/12/19 (Sat) 06:00
めっきりと冬らしくなった
 そこで愛犬にマフラー
 それとコロナ対策として、マスクも忘れない
  82106563.jpg





草木を90度ほどに醗酵させた堆肥 約8トンある
  82106554_20201208210136b00.jpg



トウミでもってすぐ傍の畑に土壌改良の為、せっせと運んだ
ざっと数えて65杯分ほどだ 終わったら身体がへとへと、がくがく
  82106555_202012082101362c5.jpg



元の畑の土が見えなくなるほどである 自分ながら良くも運んだものだと感心する
  82106556_2020120821013528f.jpg



その後、しっかりと耕して来年に備えます
  82106557.jpg

この畑は 4年ほど前までは、細竹が密集して生えていたところで
粘土質で大変扱いにくい畑だ 従って有機質の材料を沢山投入しないと良い野菜は作れない
  



| HOME | NEXT