畑の様子を写真を添えて公開する

・RSS ・LOG IN

siyou110

Author:siyou110
  作る喜びを学び
  美味しく食べる事を覚え
  あげる喜びに浸りつつ
  今年は売る喜びに変化させたい
  それが野菜作りの向上に繋がればと思う

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR
なすの越冬
2017/11/08 (Wed) 05:22
10月初め 茄子の様子
  6-1816.jpg




何とか11月まで生らそうとビニールトンネルを掛けて見たが実は固く、栽培継続を断念する
  6-1817.jpg




そんな折、書店の立ち読みで見た裏技を発見
なすを地上15㎝ぐらいに切って越冬させれば、来年新芽が出て、立派ななすが生るという

もの好きな小生、早速思い切ってちょん切ってみた
  6-1884.jpg




その茎にぼろ布を巻く
  6-1885.jpg




上から、ビニールを被せる
  6-1886.jpg




総勢で6本トライ (手前1本が千両二号 奥5本がふわとろなす)
  6-1887.jpg




更に、藁を被せ
  6-1888.jpg




不織布で被い
  6-1889.jpg




その上から、ビニールシート
  6-1890.jpg




最後に網入りビニールシートを掛け、完了
  6-1891.jpg

これだけの手厚い防寒対策をすれば、相当寒くても耐えられるはず
来春が楽しみ 場合によっては暑すぎて中が蒸れてダメになるかも???????




逆植えの里芋、試し掘りする
2017/10/27 (Fri) 05:46
昨年親の里芋を逆さ植えすると、収量が増え早く収穫できると聞き、早速試してみた
写真は当該の株ですが、この台風でこっぴどくあおられひどい葉になっている
しかし芋は地中の為、何ら被害はないはず
       6-1863.jpg




今回写真のように根を上にして植えた
  6-1864.jpg




どうですか? すごい大収穫です 通常の二株分ほどの量です
しかも神さんの大好きな小さめの芋が沢山出来ました
  6-1865.jpg

【考察】
  親芋を植えることで、芽切りも早く 今まで親芋は処分するにも大変だったが
  これで一丁二石ならぬ、一丁四石ぐらいの効果あり




接ぎ木、日の目を見る
2017/10/14 (Sat) 05:38
柚子の木に接いだ伊予柑が、やっと日の目が見え始めた
4年前に見よう見まねで15本ほど挑戦した接ぎ木の内、2本が生き残り今年初めて実を付けた
約20個ほど生っているが、本当はもっと摘果した方が良いのかも
但し安心はできない、食べてみたらすっぱい柚子の味がしたら最悪
  6-1825.jpg




こちらは苗木を買って鉢に植えてある
この鉢も4年目となるが、今年は花付きが良く、沢山実が生ったが
ばっさりと摘果 それでも30個ほどぶら下がっている
1個 試食して見たがまだちょっと早いようだ あぁ~すっぱ~
  6-1824.jpg








今年も白菜や、キャベツのナメクジ対策をする
2017/09/28 (Thu) 05:00
この時期になると、恒例の行事を実施する
 それは、ナメクジ、カタツムリ対策である
 2種類のナメクジ駆除剤をブレンドして、ビールの空き缶に入れる
  6-1808.jpg




穴を斜め下にして、風で転げないようにシート押えで固定する
  6-1809.jpg




設置場所は写真のように4株置きぐらいに設置する
 面白いように空き缶の中にナメクジが吸い寄せられる 但し、ナメクジがいないと入らないが !?
  6-1810.jpg







きゅうりの栽培方法について
2017/09/24 (Sun) 05:14
この春から第5弾目の きゅうり
  6-1802.jpg




沢山しかも長く生り続けさせる方法は、これだ(企業秘密のためわざとピンボケにしてある➡うそだよ!)
 小蔓に雌花が付いたら、その先端の芯止めをする そして新しい蔓に更新
  6-1798.jpg




次々と実が付き じゃんじゃん生る 5本の木に1日置きに20本ほど生る
  6-1799.jpg




こちらは第6弾
  6-1800.jpg




こちらは第7弾 ➡地這えきゅうり ひょっとして収穫までに寒さで生らないかも
  6-1801.jpg
 





  続きを読む
| HOME | NEXT