FC2ブログ

畑の様子を写真を添えて公開する

・RSS ・LOG IN

siyou110

Author:siyou110
  作る喜びを学び
  美味しく食べる事を覚え
  あげる喜びに浸りつつ
  今年は売る喜びに変化させたい
  それが野菜作りの向上に繋がればと思う

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR
今朝の絶景
2019/01/22 (Tue) 07:30
朝日の上がる20分前
 中の山パイロットの茶畑の様子
 空、山の青色と、お茶も濃い緑色のコントラストにうっとりする
  820243.jpg

  820242.jpg





きんこ芋造りに挑戦
2019/01/18 (Fri) 05:31
先日川崎地区コミュニィーセンターの厨房をお借りして我がセミプロ8の活動の一つを企画しました
会員の倉田氏の畑で採れた隼人芋を使って干し芋つくりに挑戦しました
もちろん指導は倉田氏が伊勢の鵜方まで4日間泊まり込みで習得した技をフルに伝授願いました

何気ない作業に見えますが、これが中々大変な作業でした
皮を剥くのにピーラーを使って剥くが、もたまたしていると、酸化して真っ黒になる
  820235.jpg




芋より捨てる皮の方が多いくらい、皮を剥くのでもったいない気がする
  820236.jpg




剥いたらすぐに水の中に放り込む
  820237.jpg




約一時間半ほど湯がく
  820238.jpg




お湯を切って冷ます
  820239.jpg




約1..5~2.0cmの厚みにスライスする 小さなものはそのまま
蠅がねぶらないように網籠に入れて天日で乾かす
  820240.jpg




何度か天地返しをし、1週間から10日で完成
  820241.jpg




皆さんきんこ芋つくりに、奮闘
  820246.jpg




セミプロ8の仲間たち
  820247.jpg

  顔写真は亀山市の川崎地区まちづくり協議会のブログより借用




唐箕甦る
2019/01/11 (Fri) 06:06
先人が創った優れものの ”唐箕(とおみ)”
以前同様のものを真似て作って見たが動力は扇風機
風が強すぎると、肝心の実(そば)が飛び散る
弱すぎるとゴミを分別してくれない 結局使い物にならなかった

程よい風が出るのが、この唐箕である
  820211.jpg


  820217.jpg


昔の唐箕はこの太鼓部分は木で張り合わせて作ってあったが、これはブリキで加工してある
  820215.jpg

投入口
  820214.jpg

吹き出し口
        820216.jpg


歯車の付いた送風装置だが、保管中に風で倒れ取っ手の鋳物が無残にも破損
現在修理中・・・苦戦!  ;泣
  820212.jpg


2か所の実が出るシューターは前方にせり出す優れもの
ところが、ペンキの乾かないうちに前後させたら、くっついて動かなくなった
    820213.jpg






正月1週間後の朝日
2019/01/08 (Tue) 07:52
昨年末より運動不足により体重、胴回りが膨らむ一方
年初めから心を入れ替え朝6時10分に目覚ましをならしウオーキング
今のところ皆勤の状態で、平均歩数≒11.500歩
但し、目方・腹回りは一向に改善が見られない

一つうれしいことに毎朝、日の出が見られることである
  820219.jpg



朝日に当たって見える中の山パイロットの貯水タンクが神々しい
  
820218.jpg




新春第一報
2019/01/01 (Tue) 07:54
あけましておめでとうございます。
寒い中、布団から飛び起きて近くの神社にお参りに行ってきました
まだ自宅に見える方は写真の初日の出を見て幸運をおお祈りください
皆様にいい年でありますように
  820191.jpg





  820189.jpg





  820190.jpg







| HOME | NEXT