FC2ブログ

畑の様子を写真を添えて公開する

・RSS ・LOG IN

siyou110

Author:siyou110
  作る喜びを学び
  美味しく食べる事を覚え
  あげる喜びに浸りつつ
  今年は売る喜びに変化させたい
  それが野菜作りの向上に繋がればと思う

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR
ニンニク植える(ツルツル植え)
2019/10/16 (Wed) 05:21
今年はニンニクは植えないと決めていた
しかしスーパーに行ったら青森県産のニンニクが種苗店の 1/3 の値段で売っていた
しからばと6球買うことに決定
  820977.jpg



先ずは半日水に漬け、皮を剥く(ツルツル剥き)
 こうする事で発芽が早く、収量が増える
  820978.jpg



穴あけ器を使って約8cmほど土を取る
  820979.jpg



そこへツルツル剥きしたニンニクを1辺押し込む
  820980.jpg



穴あけ器に入っている土を、埋め戻す
  820981.jpg



後は土を平らにして植え付け完了
  820982.jpg



6球x6辺=36辺 のはずが 35辺しかなかった 1辺欠品なり
  820983.jpg

近くの畑友はニンニクの種は野菜売り場のものを買ってしか植えないという
それでいていつも良いニンニクが収穫できるという



カナリアナスその後
2019/10/14 (Mon) 06:07
この所、めっきり秋らしくなり、畑作業もはかどる
今日は第一圃場から第四圃場まで一気に草取りができた
いつもなら第一から始まって第二で挫折する 理由はあまりにも草ぼうぼうの為・・・・
しかし先般からこの圃場 畝は黒マルチ、溝には防草シートを敷いたため殆ど草が生えない
強いて言うなら黒マルチと防草シートの隙間から生える草の処理だけで済む
できれば他の圃場もこうしたいもにだ(しかしそうするまでが大変だ)

さて話変わって、以前にもカナリアナスの件で紹介しましたが(過去何度も失敗している)
今年は何時になく花が多く咲き、実も沢山付いたのに色付き始めると
ぽとん、ぽとんと実が落ちてしまう
  820966.jpg


そこで種苗メーカーのサカタの担当者にに原因や育て方に付いてアドバイスを頂くことにした
その結果下記の様なアドバイスを頂いた
  *.種蒔きは3月半ばごろに保温して発芽させること
  *.肥料はリンカリが有効
  *.本植え時はトンネルにて
  *.自然じゃなく、トマトトーンが有効
  *.背丈は 1.8m 以下にする事(倒れやすい)
  *.実の色付きを良くする為、周りの葉を欠いてやる
  *.6月中に花芽を付けるよう調整

上記のアドバイスを元に、来年こそ綺麗なカナリアナスを育てます






今日の出荷
2019/10/12 (Sat) 05:51
この時期出荷する野菜が少なくなってきた
 畑で出荷できそうな野菜を掻き集めて下記の10点を出荷
    *.なす       15袋
    *.もろへいや   8袋
    *.四角豆     2袋
    *.落花生     2袋
    *.空芯菜     8袋
    *.きゅうり     4袋
    *.おかわかめ   5袋
    *.金時草      5袋
    *.さつま芋     6袋
    *.里芋       4袋
  =============
      合  計    59袋

  820976.jpg





昨日に引き続き大型台風19号に備えて
2019/10/11 (Fri) 05:29
昨日の時点ではフォックスフェースの台風対策は難しくあきらめていた
しかし折角ここまで育てたのに何も手を加えず被害にあったらと思うと
何とかできるだけのことはやっておこうと、重い腰をあげた
  820972.jpg



枝の先端は2.5mほど伸びており沢山花芽を付けていたが、ばっさりとカットする
  820973.jpg



各隅に46πノパイプを打ち込み梁の代わりに梯子を両方から抱き合わせ骨組みを作る
周りを少し粗目の暴風ネットで囲う ゴルフ練習場のように風を受けて倒れないことを願うのみ
  820974.jpg

反対側
  820975.jpg


最悪飛ばされても、やるだけのことをやって飛ばされたらあきらめがつく





台風19号に備えて・・・・
2019/10/10 (Thu) 06:18
猛烈な台風19号が接近するとの予報で特に風を受けやすいものに対策する事にした


先ずは為芋と菊芋
  背丈が1.900mmもあり、しかも密集している 昨年も台風で傾いたので今年は
  一層頑丈に支柱を組んであるがさらに筋交いを入れることにした
  820967.jpg


19πx2.500㎜ の支柱を斜めに筋かいする
  820968.jpg



同様に反対側も筋かいを入れる
  820969.jpg



更に既設の針金結束も増す締めをする
  820970.jpg



もろへいやも風を受けやすい為、隣りの支柱に横棒を平行に這わせ、筋かいも入れる
  820971.jpg


万一台風がそれても ”備えあれば患いなし”  良しとしよう


| HOME | NEXT